ようこそ「スカイラインfan★日産 値引き 燃費 価格 値段 中古車 下取り」へいらっしゃいました!このサイトは、日産 スカイラインが今とっても気になっているとか、日産 スカイラインの大ファンだ!または日産 スカイラインが大好き!日産 スカイラインの値引き価格燃費新車とか中古車などの情報が欲しい!という方を対象に、様々なコンテンツを提供していきます。最近はネットで各種情報を得られたり、たとえば掲示板評判を検索したり、大変便利になりました。もちろん、日産 スカイラインの最新情報を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★スカイライン 中古車 パーツ 検索★
TOP> スカイライン 紹介

日産が独自ハイブリッド車 排気量はスカイライン、燃費は小型車なみ

日産自動車は6日、ガソリンエンジンと電気モーターを併用する新型ハイブリッド車を平成22年度に国内と米国で発売すると発表した。日産が北米市場で販売していたハイブリッド車はトヨタ自動車の開発したシステムを搭載していたが、今後は日産が独自開発したシステムに、新型リチウムイオン電池を採用する。システムの小型化と低コスト化に成功したという。
 日産のシステムはホンダのシステムに似ているが、よりモーターでの走行を主体とした仕組みになっている。これで日本の3大メーカーがすべて自社開発のハイブリッドシステムを持つことになり、国内外での販売競争が過熱しそうだ。
 日産は同日、神奈川県の追浜事業所で新型ハイブリッド車の実験車を報道陣に公開。排気量3・5リットルの「スカイライン」をベースにしたが、「燃費は小型車並み」(開発者)という。

新型スカイラインクーペのすべて (ニューモデル速報 (第400弾))
新型スカイラインクーペのすべて (ニューモデル速報 (第400弾))
三栄書房 2007-10
売り上げランキング : 63255

おすすめ平均 star
starまあまあ。
star本当の意味で「ときめく」事が出来るか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by スカイラインfan at 20:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | スカイライン 紹介

スカイラインについて

日産 スカイライン値引き、日産 スカイラインの価格、日産 スカイラインの燃費など日産 スカイライン情報をお探しの方へ。まずはじめに日産 スカイラインの概要をご紹介します。(wikipediaより)

スカイライン(SKYLINE)は日産自動車が製造・販売している乗用車。もとはプリンス自動車工業の主力車種であったが、日産自動車との合併後も引き継がれた。車名は「山並みと青空を区切る稜線」に由来する。2007年3月21日、名付け親の桜井眞一郎がこの名を思いついた場所である群馬県草津町の山小屋「芳ヶ平ヒュッテ」に、生産50周年を記念して「スカイライン命名の地」のプレートが設置される。

概要
現在のスカイラインは12代目と11代目が販売されている。ラインナップは4ドアセダン(12代目)と2ドアクーペ(11代目)があるが、過去にはステーションワゴンもラインアップされていた(後継は日産・アベニールに一旦統合、後にLクラスステーションワゴンとして発売の日産・ステージア)。5ドアハッチバックやライトバン(エステート)もラインアップに存在した時期もある(後継は日産・アベニール・カーゴ→日産・エキスパート)。なお12代目クーペは2007年追加予定である。

ミドルクラスセダンに位置するが、自動車レースで用いられた過去があり、特に"GT-R"グレードは同クラスの他車に比べてレース色が強く、実際に製品としての性格付けもそのようになっている。 最大のライバルはトヨタのマークII(現マークX)である。過去に姉妹車として、同じ村山工場で生産されていたローレルと、セフィーロ(初代A31型は、一時期座間工場で生産されていた)もあった。

長野県岡谷市には、単一車種の博物館としては異例ともいえる「プリンス&スカイラインミュウジアム」がある。

12代目(V36型、2006年-)
キャッチコピー:日本のクルマに、ときめきが帰ってくる。 シフトワード:SHIFT_passionときめきをシフトする。


V36スカイライン(日産ギャラリー銀座)
V36スカイライン
V36スカイラインのリア(日産ギャラリー試乗車)
V36スカイラインクーペ(プレビュー版)2006年4月 ニューヨーク国際オートショーで輸出仕様である新型インフィニティG35セダンが出展される。この時点でクーペはコンセプトモデルの発表だった。

2006年11月20日 日本発売。

駆動方式はFRの他にAWD(アテーサE-TS)が設定され、エンジンは改良型VQエンジン(約80%の部品が新設計)のVQ35HR・V6・DOHC・3500cc 315馬力(232kW)/6800rpm 36.5kgm(36.5N・m)/4800rpm とVQ25HR・V6・DOHC・2500cc 225馬力(165kW)/6800rpm 26.8kgm(26.8N・m)/4800rpm を搭載(HRは高回転型(High Revolving)の略)。

北米仕様のインフィニティG35セダン向けVQ35HRは2007年1月米ワーズ社の「10ベストエンジン」を受賞した。VQエンジンとしては13年連続の受賞で、このような長い期間の連続受賞は単一のエンジンとしてはきわめて異例のことである。

スポーツグレードである350GT typeSPと350GT typeSには世界初搭載の四輪制御システム「四輪アクティブステア(4WAS)」をメーカーオプション設定。ミッションは5AT(北米向けG35は6MTもある)で、パドルシフトの設定もある。このパドルシフトはマグネシウム製とすることで軽量化と剛性の強化を、本革張りとすることで質感の向上を図っている。一方で位置に関しては、誤操作を防ぐ配慮かステアリングホイールからやや遠い位置にあるが、一部の批評家にはこのことが不評である。ほかにスイッチ照明付きプッシュエンジンスターターを全車標準装備としている。

全高は2WDモデルでV35より20mm低くなり、スポーティな印象がました。各所にインフィニティのデザインモチーフや歴代スカイラインのモチーフをあしらい、フロントのデザインはフーガを連想させるようなデザインになっている。グレード間の外観差はフーガのGT系とXV系のように明確ではないが、スポーツグレードの350GT typeSPと350GT typeSは専用スポーツバンパー及び専用スポーツバンパーグリルとなる。

ナビゲーションは日産史上初のHDDタイプが設定される。エンターテイメント機能として内蔵HDD(30GB)に最大約3000曲分もの音楽データを収録可能なミュージックボックスとDVD及びコンパクトフラッシュの再生機能がある。ディーラーオプションのナビゲーターは設定されていない。オーディオにはBOSE社製のシステムを採用し、車内7組11個のスピーカーをスカイライン専用に新設計。これはHDDナビとのセットオプションとなる。基本の再生システムは250GT/250GT FOURにはスカイラインホログラフィックサウンドシステムU、他のグレードはスカイラインホログラフィックサウンドシステムIが標準装備される。IとIIの違いははCDプレイヤー(II)かインダッシュ6チェンジャーCDプレイヤー(I)かだけである。 インテリアには本木目と本アルミのパネルにエクリュ、ブラック、フォーブの内装色が選べる。また、フーガで好評のインパネ アナログ時計を全車標準装備する。

クーペは2007年の発売までV35が継続生産されるが、2007年4月のニューヨーク国際オートショーでG37クーペが発表された。車名の通り、エンジンは3700ccのVQ37HRが搭載される。

CMキャラクターから1歩踏み込んだ存在としての「キーメッセンジャー」に渡辺謙、イチローを起用している。 「車で走ることそのものにドキドキしていた。」「何時から車は移動する便利な道具になってしまったのか」という節は「走りの日産」の復活を感じさせる。

日産のプレスリリースによると、発売から約1ヶ月間のごく好調な新型スカイラインの受注は中高年層に支えられており、29歳以下の購入者は3%程度となっている。かつてのスカイラインファンを再び呼び戻すことには成功したものの、スポーツカー離れの進む若い層をいかに獲得するかがV36型スカイラインの次の課題となっている。
posted by スカイラインfan at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | スカイライン 紹介